Q:ピアジェ教材とは何ですか

A:  当園ではジャン・ピアジェ博士の幼児発達理論に基ずく教材を導入しています。答えの正解・不正解よりも思考の過程を重視し、手を動かしながら考えること、誤りに自ら気づき、自分で修正することなどを大切にしています。幼児期は考える力、作り出す力、応用する力、そして表現する力等、その後の成長の原動力となるたくさんの基礎能力が芽生える大切な時期です。

例)年長クラスで導入している教材「かずあそび」

数概念を形成するための「対応操作」「順序付けの操作」「乗法操作」を発達段階に応じて充分に経験出来るようになっています。